魂魄クリスマス演奏会

3RC=RE-CONNECTION RE-CREATION RE-CONSTRUCTION  
昨年からのコロナ禍により、社会は大きく揺さぶられました。生きて行く力の源となる、「人と人との繋がり」そのものが影響を受けました。
香風舎「魂魄会」は魂の縁結びを主旨として、毎年旧暦正月頃に行っている交流会です。
この度は、社会がやや活気を取り戻しはじめた今、人としてのつながりを新たに、一人ひとりの世界を創造していく息吹と予祝の会として、素晴らしい演奏家方をお招きし、音楽イベントとしてクリスマス当日に開催いたします!!
皆様、よろしくお願い申し上げます。
香風舎 宇佐見仁 中村香奈子

☆「舞の入り口」
即興の舞手、宇佐見による講座です。ひとそれぞれの、舞の沸き起こる様々な心身のあり様を追求していく講座ですが、この度は特別編として、ゲストに素晴らしきベリーダンサーAyla先生をお招きしし、講座をお願いいたします!! 
また、今回は品川芸者として活躍されていた、弥生姐さんにお越しいただき、 女性にも男性にもタメになるお話、そしてお座敷遊びの体験会を予定しております!!!
☆演奏タイムには、六人の異なる世界の奏者、舞手によるスペシャルセッションを行います!! 飛び入り大歓迎!!
全編通じて魂魄会は、交流の会です、普段出会うことのない様々なジャンルの方々と、ぜひ魂の交流をご一緒いたしましょう!!

開始 14:00
講座タイム
☆舞の入り口   宇佐見仁 
☆アイラ先生のスペシャルレッスン   Ayla 
☆やよいさんの、とってもタメになるお話&お座敷あそび体験   やよい姐さん(元品川芸者)

スペシャルセッション&交流タイム 17:00〜21:00
出演者
勅使川原よしき (ジャズ・ボーカル、ボイスパフォーマンス)
森田万里子 (ジャズ・フルート、横笛)
今井てつ (シンセサイザー)
中村香奈子(雅楽、横笛)
Ayla
宇佐見仁

参加費 10000円 高校生以下2500円 小学生以下無料  ドリンク、軽食付き
講座&ステージオンライン 4000円
(配信は後日)

場所 Half Moon Hall下北沢  世田谷区北沢4-10-4
お申し込み お問い合わせは、Messengerか、こちらに
香風舎
ko.fu.sha@gmail.com

ゲスト、演奏者プロフィール
☆Ayla
アイラ 『月の光』を意味するトルコ語
オリエンタルダンサー&インストラクター
​フードレメディアドバイザー
​​​神奈川県横須賀市出身
5歳からクラッシックピアノを習い、音楽と共に成長。中学3年間は器械体操部に所属。個人で神奈川県大会にも出場し、ソロでパフォーマンスする喜びを知る。
2006年Nourahに師事。同年よりSaliにも師事し、その後エジプシャンのテクニックや解剖学をSali、及びカナダの至宝Hadiaより学ぶ。
オリエンタル、フュージョンスタイルを得意とし、 透明感溢れる踊りと豊かな感情表現に定評がある。また、様々なジャンルを融合させた即興による独自の世界観を奏で、音と体の融合、そして空間を調和させる。
2009年より4年間、ベリーダンスチャリティー団体P.U.R.E.Tokyoのファシリテーターを務め、2010年11月に初代The Bellydance Superstars、Kaeshi Chaiを迎え、P.U.R.E. Reflections Showを成功させる。
2012年9月より、デバダシスタジオ及びルハニベリーダンスアーツにてインストラクターを務め、2016年6月より独立。
現在、横浜とオンラインにてレッスンを行う。
2021年6月フードレメディアドバイザーとなり、食とダンスで女性をハッピーにするお手伝いをプロデュース

☆やよい
東京生まれ。登戸在住。
箏の師範である母の影響で幼少より邦楽に親しむ。
十代は神社で巫女を務め、巫女舞を習得。断食や滝行も経験。二十代、江戸小唄を始めたのをきっかけに民謡・端唄など独学し、芸者に転向。品川の芸者置屋まつ乃家に所属し、女形芸者栄太朗の地方として数々のお座敷に上がる。
吉原最後の芸者・みな子姐の晩年の三年間、古くからある吉原のお座敷音曲を伝授してもらいながら共にお座敷も務める。
現在は三味線の弾き唄いを通して芸者についてや、お座敷の楽しさを体感してもらうべく独自に活動している。
小唄・土川流師範。
三味線教室『ふく庵』主催。
高祖母は宇都宮の超売れっ子芸者。だったらしい。

☆勅使川原よしき
ジャズシンガー、シンガーソングライター、即興声妙歌人。
声、歌の自由さとその奥深さを探求し、プロ活動の舞台では国内外の様々なセッション、即興の舞台では邦楽とのコラボレーション、メディテーションの世界にまで活躍の場を広げている。発声法とジャズ表現・ヨガをセイ高橋氏に、野口整体を長谷川淨潤市に学ぶ。2015年ファーストアルバム「僕の声は君の声」リリース。2021年12月22日セカンドアルバム「君の明日の向こう側」リリース予定。FM大和でラジオ番組ナビゲイターとして10年以上在籍。ドキュメンタリー映画「いきたひ」ナレーション・エンディング曲デュエット歌唱担当。横浜高島屋友の会教室にてヴォイス講座を担当。

☆森田万里子
13歳から中学の吹奏楽部にてフルートを始める。
20歳のときにフランクウェス、中川昌三氏のレコードを聴きジャズフルートに目覚める。飯田ジャズスクールのアンサンブルコースにて、大森明氏に師事する。同時期に同校のフルート課の初代講師となる。 24歳で結婚、三児の母となる。約10年間のブランクを経て、39歳でまた音楽活動を再開する。
現在、都内、神奈川方面にてライブ活動中。
2014年7月1日ファーストリーダーアルバム「COLORS OF LIFE(この世にある全ての色彩)」をリリース。ジャズ、クラシック両方面から高い評価を受ける。
2017年1月から、民謡を佐藤錦水氏に師事。
同年6月19日セカンドアルバム「SONG FOR CHIYO(ちよの唄)」をリリース。
1ホーンカルテットのビパップの形態で、篠笛も使い、お囃子や民謡、日本の曲を
アレンジした作品で、大変好評を得、jazzジャパン、ジャズライフ、ザ・フルート各紙に掲載される。
9月は北海道~東北、11月は九州、2月は関西ツアーを展開。
2018年5月18日、太田区民アプリコ小ホールでの「ジャズと津軽民謡の融合」コンサートを開催。ジャズと津軽民謡のコラボで、大好評を得る。
他、朗読家とのコラボなど、ジャズフルートにとどまらず、篠笛でお囃子や民謡を演奏するなど、幅広く演奏活動をしている。メロディアスで力強いフレーズと、音質に非常に優れていることに定評がある。ジャズからボサノバ、ポップスまで幅広い演奏活動を行っている。

☆今井 てつ
ピアノ & シンセサイザー 即興演奏家
サラリーマン~自然農での農的暮らし~を経て40歳の時、寂しげに佇んでいたピアノを何気に即興で奏でた音が、回りの人や空間に深く響き、喜ばれたことをきっかけに即興ピアニストの道に…。
以降、小さなスペースから寺社・ホール・自然の中など様々な場所で、その時その場だけの音を奏でています。
大好きな森歩きで出会う樹々や岩や川や鳥達と響き愛ながら戴いたものを、音を通して奏でられたなら無上の喜びです
私にとって『音はイノリ』
自然の豊かな恵みに深い感謝の想いを込めて、またすべてのイノチが輝き喜び溢れる世になる事を願って演奏させていただきます。
映画『あわひ』音楽参加
(主なCD)
『イノリ』『音・言・光』
『光のように水のように』

☆中村香奈子
横笛を赤尾三千子氏、龍笛、雅楽全般を芝祐泰氏に師事。東京芸術大学邦楽科雅楽専攻科卒。横笛、雅楽、正倉院復元楽器の演奏家として国内外の様々な場にて活動中。北本市にて『香風舎雅楽之会』を主宰。
究極のみやびを追及する『花舞鳥歌風遊月響雅楽団』共宰。『雅楽三昧中村さんち次女』。
『雅楽』を主軸に場との響き合い『かむながらの笛(即興演奏)』をライフワークとする。
「万葉に遊ぶ/むすびひめ」 「百人一首~恋の歌~」公益財団法人日本伝統文化振興財団、「天球アンビエントライブ/むすびひめ」、「秋庭歌一具/武満徹・伶楽舎」、「舞楽/伶楽舎」、「祝賀の雅楽/伶楽舎」、「Music For 陰陽師/伶楽舎(岡野玲子プロデュース)」、「一具/伶楽舎」、「絵解き『源氏物語』CD版 夕霧(月)竹林舎」、東宝映画「陰陽師Ⅱ」横笛演奏・横笛指導、「陰陽師」横笛指導にて参加

☆宇佐見仁
観世流梅若派の能楽を学び、豊英秋氏に雅楽の右舞、古代歌謡を師事。同時に山岳修験、禊行の場にも身を置き研鑽を積む。
芸能始原の神祀り、最古の音楽である雅楽のエッセンスを盛り込んだ即興を旨とする独自のスタイルの神楽「ウタマヒノツカサ」は、シリーズ公演「響む」だけでも10公演をかぞえ、コアなファンを魅了している。
『花舞鳥歌風遊月響雅楽団』共宰。
『香風舎』代表


*本公演は感染症予防の基本(距離の確保、マスク着用、手洗い)、また光触媒抗菌、消毒用アルコールによる除菌等の取り組みをおこないます。
*本事業は文化庁ARTS for the future!の補助対象です。

香風舎

舞手 宇佐見 仁と、横笛奏者 中村香奈子による活動。埼玉県北本市を拠点に、さまざまな企画を通して日本古来の『文化』と、そこに息づく『和らぎ』『つながり』を尊び、学び、体現してゆくことを志しています。